皮膚科・美容皮膚科・皮膚外科・小児皮膚科・アレルギー科

ブログ

ひふの日講演会「これは怖い シミと皮膚ガン」

IMG_20191110_130329

こんにちは。
お昼の食後のコーヒーをいつも淹れてくれるスタッフに感謝しかない、
コーヒー好きの大橋です。

11月10日(日)は、ひふの日のイベントで、講演会がありました。
演者は東北医科薬科大学皮膚科教授 川上民裕先生、
演題は「これは怖い シミと皮膚ガン」でした。

私も運営のお手伝いとして参加しました。

講演の中からいくつか内容を抜粋します。

①昔は日光(紫外線)に当たるのは健康的と言われていたが、今の考え方は、「紫外線は害となる
です。

②シミには、日光性黒子(一般的にシミと言われているものの多くはこれ)、肝斑、真皮メラノサイトーシスなど、様々な色素性疾患がある。

③日光性黒子はレーザーが効くが、肝斑は効かない or 悪化する。

④後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)は、思春期頃から顔面(特にほほ)に左右対称性に生じる。女性に多い。川上先生の印象では、今の20歳台の女性はほとんどADMもっているとのこと。

⑤皮膚ガンは、ホクロと間違えやすいガンとして、悪性黒色腫(メラノーマ)、基底細胞ガンがある。
一見すると違いがわからないことも多く、ダーモスコピー(拡大鏡)などの検査を行い、
鑑別をする必要がある。
まとめると・・・・・
・紫外線は、シミや皮膚ガンの発症のリスクになるので、しっかり日焼け止めを塗って、ブロックしましょう!!シミやホクロに見えて、実は違うものの可能性もあります。

啓蒙大切です。

テレビ番組で、ホクロや皮膚ガン特集があった次の日は、
ホクロやできものを主訴にした方の来院が多くなります。

実際、大学病院で働いているころは、その流れでメラノーマが見つかった人もいました。

今回の記事もそんな啓蒙活動の一助になればと思い書いています。
*****************************************

今回、ひふの日の講演会は初参加でした。

勝手がわからず、ウロウロして終わってしまったような気がします。
次回は、もう少し仕事ができるようにがんばります。

控え室で、コスモス皮膚科クリニック院長の今泉先生が差し入れしてくださった
こだわりコーヒーが格別に美味しかったです✨(写真取り忘れました💦)

こちらのカフェで同じコーヒーが飲めます!!
FIKA cafr
https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040105/4019610/dtlrvwlst/
ファミリア皮膚科長町|仙台市太白区長町の皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・皮膚外科・アレルギー科