フラクショナルCO2レーザー

フラクショナルCO2レーザー

Fractional CO2 Laser

ニキビ痕や傷あとなど肌の再生・若返り治療に効果的製

シネロン・キャンデラ社のフラクショナルCO2ガスレーザーCO2RE(コア)

シネロン・キャンデラ社のフラクショナルCO2ガスレーザーCO2RE(コア)

フラクショナルCO2レーザーについて

ABOUT Fractional CO2 Laser

最新のアブレイティブ・フラクショナルレーザーを使用して行う肌再生治療です。炭酸ガスレーザーを、フラクショナル化(極小のドット状)して照射することで、色素沈着などのリスクやダウンタイムを抑え、安全で効果的な治療が可能になりました。瞬間的に皮膚に微細な穴を多数開けることで、表皮の色素が除去され、穴が治癒する際に皮膚が収縮することで肌の自然な再生を促進します。このような、スキンリプレイスメント(肌の入れ替え)を行うことで、ニキビ痕や傷あと、毛穴の開き、肌質の改善、肌の若返りを可能にしたレーザーです。

4つのモード

肌の状態に応じて4つのモードを使い分けます。CO2REのフラクショナルモードによる治療は、「Light」・「Mid」・「Fusion」モードのようにリング状にアブレーション(蒸散)を行うため、その他のフラクショナル器機より治療効果が高く、また「Mid」モードと「Deep」モードを組合せて照射する「Fusion」モードでの治療は、皮膚のリサーフェシング(入れ替え)とレジュベネーション(若返り・再生)の両方において、より切れ味のよい治療結果を得ることが可能です。「Deep」モードでは、真皮までドット状にアブレーションを行うため、少ないダウンタイムでコラーゲンの新生を促進することができます。

4つのモード

適応疾患

TARGET DISEASE

適応疾患

  • ニキビ痕(クレーター状陥凹)
  • 毛穴の開き・凹凸
  • 傷あと(手術瘢痕、外傷性瘢痕、肥厚性瘢痕、リストカットなど)
  • 妊娠線
  • 毛孔性苔癬(顔・二の腕のブツブツ)

治療例のご紹介

INTRODUCTION OF TREATMENT EXAMPLE

ニキビ痕

ニキビ痕
治療前 治療後

ニキビ痕

ニキビ痕
治療前 治療後

ニキビ痕

ニキビ痕
治療前 治療後

傷あと(肥厚性瘢痕)

傷あと(肥厚性瘢痕)
治療前 治療後

施術の流れ

FLOW OF TREATMENT

  1. 1.診察・カウンセリング

    医師が診察・治療についてのカウンセリングを行います。

  2. 2.麻酔

    麻酔クリームを塗布します。麻酔が効くまで1時間程度かかります。

  3. 3.レーザー照射

    症状や肌の状態に応じてレーザーの出力やモードを調節して照射します。(10~15分程度)

  4. 4.アフターケア

    クーリングを行います(5~10分程度)。オプションでイオン導入も可能です。

  5. 5.アフターフォロー

    治療後一過性に色素沈着を生じる場合があります。色素沈着予防や改善に、トレチノインやハイドロキノン、美白剤の外用を併用することもあります。

料金表

PRICE

フラクショナルCO2レーザー

ニキビ跡/毛穴開大/肌のエイジングケア(シミ・ハリ・しわ・クスミ)/ 妊娠線/傷痕
1回 3回セット 5回セット
全顔 55,000円 148,500円 220,000円
ひたい 11,000円 29,700円 44,000円
ほほ(両側) 33,000円 89,100円 132,000円
ほほ(片側) 22,000円 59,400円 88,000円
口周り+あご 11,000円 29,700円 44,000円
11,000円 29,700円 44,000円
ほうれい線(片側) 5,500円 14,850円 22,000円
目じり(片側) 5,500円 14,850円 22,000円
22,000円 59,400円 88,000円
スポット(2×2cm) 11,000円 29,700円 44,000円

※施術前に、麻酔クリーム(2,200円)もしくは麻酔テープ(550円)を使用いたします。

よくある質問

FREQUENTLY ASKED QUESTIONS

Q.ニキビ痕は治るか?

A.クレーター状のニキビ痕に関しては、現在の最新の医療でも100%治しきることは困難と言われております。ただ、以前のフラクショナルレーザーでは効果が乏しかった症例でも、CO2REによるフラクショナルレーザー治療では、かなりの改善率を認めたという臨床データが出ています。実際に、照射後はニキビ痕が目立たなくなったと実感される方が多い治療です。

Q.治療中の痛みは?

A.チクチクと針に刺される程度の痛みがありますが、麻酔クリームを使用すればそれほどでもありません。

Q.治療の頻度は?

A.肌の状態やご希望にもよりますが、1〜2ヶ月ごとに5~6回の施術を行うのがおすすめです。ニキビ痕の程度によっては、10回程度治療が必要な場合もあります。

Q.治療の副作用は?

A.軽めの設定で1〜3日程度、強めの設定で1〜2週間のダウンタイム(赤み、浸出液)が生じます。照射後炎症後色素沈着を生じることがあるため、トレチノインやハイドロキノン、美白剤の外用の使用をおすすめしております。