コラム

新型コロナウイルス中和抗体検査について

こんにちは。
いつも当院をご利用いただき、ありがとうございます。
当院で新型コロナウィルス中和抗体検査の取り扱いを開始しましたので
中和抗体検査についてお伝えしていきたいと思います。

中和抗体とは?
抗体とは、体内にウイルスが侵入してきたときに、そのウイルスをなくそうとするために体内で生成されるものになります。
体内で生成される抗体にはいくつか種類があるのですが、その中でもウイルスの感染力やなどを中和できる抗体を中和抗体と言います。
ですので、その中和抗体の保有量が多い程、ウイルスに対して発症や重症化を防ぐことができます。
中和とは…性質の反するものが触れて、それぞれの特性を失うこと

中和抗体検査について
簡単に説明すると新型コロナウイルスへの中和抗体をどれくらい保有しているか調べる検査になります。
現在国内で使用されているファイザー製、モデルナ製のワクチンは、ワクチン接種によって「中和抗体」という抗体を体内に作ることでウイルスの働きを抑える仕組みになります。
ただし、ワクチンの効果には個人差があり、中にはこの中和抗体ができにくい方もいます。自分にどのくらい中和抗体が生成されているかは「中和抗体検査」で知ることができます。
抗体が出来ている場合「陽性」出来ていない場合「陰性」になります。

ですので、こんな方にオススメです↓
 新型コロナウイルスワクチン接種後に、効果が得られているか知りたい方。
 新型コロナウイルスに感染経験があり、中和抗体が作られているか知りたい方。

検査を受けるタイミングについて
基本的にワクチン抗体もすぐに体内で作られるわけではなく
抗体が作られるまで大体、数日~数週間かかるのでワクチン接種2週間後目安に受けていただくことを推奨しています。

費用について
当院では診察料、検査報告書込で6,600円(税込)になります。
再診の方につきましては1,100円引きの5,500円(税込)になります。

検査方法や流れについて
中和抗体検査は血液検査になります。
ですので通常の採血と同じで当日ご来院いただき、医師の診察後に血液を採血していただき終了になります。
検査結果は3日後くらいを目安にわかります。
WEB予約からのみで承っておりますのでご注意ください。

注意事項
中和抗体は一生持続するわけではなく、なくなるものになります。
中和抗体がいつ作られたのか、どれくらい中和抗体が維持されるかまではこの検査ではわかりません。
ですので中和抗体検査が陽性でも必ず、感染予防は継続しマスク着用や手の手洗い消毒などは継続していただくようにお願いしております。

ご予約はこちらから
https://ssc3.doctorqube.com/nagamachi-hifuka/