コラム

院内研修

こんにちは
ファミリア皮膚科長町です。
最近は肌寒い日が続き、秋が近づいてきていますね。
朝晩の冷え込みが強くなってきますので、皆さん体調にはお気をつけくださいませ!

さて、先日は院内研修を行いました!
当院では月に一度、全体での研修を実施しています。

前回のブログでは「PREP法」についての研修の様子をお伝えしました。
↓「PREP法」についての研修ブログはこちらからどうぞ!

https://familia-hifuka.com/blog/%e9%99%a2%e5%86%85%e7%a0%94%e4%bf%ae-3/

今回の研修テーマは「嫌われる勇気・覚悟を決める力」です。
「嫌われる勇気」という言葉は、本やドラマで聞き覚えのある方は多いのではないでしょうか。
研修では、アドラー心理学を用いた場面もあり、人との関わり方について勉強させていただきました。
その一部をご紹介したいと思います!

アドラー心理学のひとつに、
「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」というものがあります。
それだけ、人との関りが多く、悩む方もたくさんいるのだと思います。
家族、友人、学校、会社など、様々な組織の中でみんな過ごしています。
人それぞれ価値観が違うので、どうしても自分を抑えてしまったり、
相手と比較してしまったりして、悩んだ経験もあるのではないでしょうか。

そんなときの考え方として
①人との関りや摩擦は成長の第一歩!
②全員に嫌われないことは不可能と知る!=いろんな価値基準がある
③他人と比較をしすぎても、いい方向には進まない!
と、私は学びました。

人と関わることで悩んでしまう時もあるけど、楽しい時や嬉しい時もたくさんあるはずです。
嫌われたらどうしようと思ってしまう時もあると思います。
そんなとき、組織全体がそんな雰囲気を出さなければ、みんなが安心して自分の意思を伝える場所になるのではないかと思います。
相手の話を否定せずに聞き、自分も相手に分かりやすく伝わるように話す。
そんな組織になっていきたいと、当院も思っています!

そのほかにも、「覚悟を決める力」について学びました!
覚悟を決める力=相手が嫌だと思うことでも、工夫しながら伝える力とのことです。
これには、勇気や行動を持つこと、指摘点は明るく伝えることが大事で、
意識しないとなかなかできないことだなと感じました。
全員が意見を言えるような雰囲気づくりをしていきたいなと思います!

今回、講師を務めてくださったのは前回のブログでも紹介させていただきました、
医療経営コンサルタント・医療接遇アドバイザーの小佐野 美智子先生です!
https://medi-cplan.co.jp/iryo-setugu-adviser/koyama-mitiko.html

前回に引き続き、有意義な時間を過ごせました!
ひとりひとりが意識して、クリニックの成長につなげていきたいと思いますので、
これからもよろしくお願い致します!

(文章:サポートチーム 川村)

ご予約はこちらから☆
⬇⬇⬇
予約URL

初回登録で割引クーポンプレゼント♪
⬇⬇⬇
LINE URL