コラム

皮膚病ネットワークみやぎ 地域医療連携会合(日赤) 

1年に2回(だったと思うのですが)行われている皮膚病ネットワークみやぎに出席してきました。

大学病院皮膚科や基幹病院の皮膚科の先生方が、開業医から紹介された珍しい症例が診断が困難だった症例を供覧する会です。臨床写真と病理組織をしっかり見れるので、とても勉強になります。

開業してからはcommon diseaseがほとんどで、珍しい疾患はめったにみなくなりましたので、
こういう場は大変貴重です。

その後、仙台赤十字病院の地域医療連携の会合があったので、
小澤先生のアトピー性皮膚炎の講演は聴けずに出てしまいました。

仙台赤十字病院は、当院から比較的近いということもあり、
大変助けていただいている病院の一つです。

最近は、重症の脱毛症に対するステロイドパルス療法でよく紹介させてもらっています。

会合では、皮膚科の田畑先生と武田先生にご挨拶できました。
(話に夢中で写真を一緒に撮るのをすっかり忘れてしまいました・・・)

二人とも気さくで穏やかな雰囲気の先生です。