コラム

イボ治療卒業生

monokuro

こんにちは。

どうしたら文章を書くのが上手になるのか、
最近本気で考えている院長の大橋です。

月1回、スタッフ向けに書いている院長便りを3ヶ月ぶりに出したのですが、
伝えたいことが多すぎて、文字だらけになってしまい、
結果的にあまり伝わってないんじゃないかって、
出した後に気づかされました。。。。

今週1週間は人気作家や人気ブロガーのブログを鬼のように読もうと思います👊
今日は、イボ治療卒業生が2名いました。

当院では、1日あたり平均20人程度、イボ治療の方が来院されます。

治療成績としては、治癒までの治療期間は平均3ヶ月程度です。

今日の方は、治療期間は1ヶ月と3ヶ月でした。

「治っていますよ」と伝えたときの患者さまの笑顔は最高で、
それが見たいがために、当院はイボ治療にはかなり力を入れています!!

当院で治らないイボは全国どこに行っても治らない❗❗(言い過ぎ😆)といえるくらい、
イボ治療は充実していますし、それができるだけの知識と設備を整えました。
毎日最低1人、イボ卒業生を出すことを目標に治療に取り組んでいます。
イボ治療中の方へメッセージです。
イボは「治った」ことを医師に確認してもらってから治療終了しましょう。

自己判断で治療を中断してしまうと、
他の場所にイボがうつってしまったり、
他の人や家族に感染させてしまう可能性があります。

せっかく良いところまできていて、あともうすぐで治癒ってところで、
ふりだしに戻る、もしくは余計治療が長くかかるようになってしまうのは悲しすぎます。

最後に、
先日、イボ治療のお子さんから言われた一言が感動的だったのでシェアします。

「先生のスプレー、アナの魔法みたいだね!!それでイボを凍らせてくれるの??」

捉え方で世界は変わりますね。