皮膚科・美容皮膚科・皮膚外科・小児皮膚科・アレルギー科

水いぼの治療について~取る?or 取らない?~

81f082f5

水いぼ(伝染性軟属腫)はポックスウイルスによる感染症です。

接触によって人から人、また自分の皮膚から自分の皮膚へうつります。

治療については、①ピンセットで取る、②自然治癒を待つの2つの選択肢があります。

当院では基本的に①を選択することが多いです。
理由としては、水いぼができる子は、乾燥肌やアトピーの子が多く、
自然治癒を待っている間に掻いてしまい、水いぼが増えてしまうからです。

当院で治療する際は、痛みを軽減させるために麻酔のテープを使用します。
さらに、処置から意識を離すために、声がけや動画を見せたりなど工夫をしています。
(ただ、やはり恐怖で泣いてしまうお子さんもいます💦)

ピンセットでも取れないような小さい水いぼが複数ある場合は、ヨクイニンなどの漢方を内服して、
自然治癒を期待することもあります。

また、乾燥肌や湿疹がある場合は、その治療も同時にしていきます。
水いぼの予防のために保湿はとても重要です。

ちなみに水いぼの自然治癒は半年~1年程度といわれていますが、アトピーのような皮膚の免疫力が低下している子の場合は2-3年以上かかるともあるので、個々の皮膚の状態をしっかり見極めて治療方針を組み立てていきます。

ファミリア皮膚科長町|仙台市太白区長町の皮膚科・美容皮膚科・小児皮膚科・皮膚外科・アレルギー科