マスク皮膚炎・肌荒れ

2021年06月14日

Q. マスクで肌が荒れてしまいます。原因と対策を教えてください。

(24歳 女性)

A. マスクによる肌荒れ(皮膚炎)は、①刺激、②蒸れ、③乾燥によって生じることが多くなっています。それぞれの原因の詳細と対策について解説いたします。

目次

マスク皮膚炎・肌荒れについて

マスク装着の時間や頻度が多くなることで生じる皮膚炎や皮膚トラブルです。症状として、ニキビ、かゆみ、乾燥、ブツブツ、赤み、ざらつき、くすみなどがあります。特に多い症状がニキビ、かゆみで全体の6割以上という報告もあります。

マスク皮膚炎・肌荒れの原因

  1. ①摩擦による刺激


    口を動かしたり、マスクを外したりすることで、摩擦が生じ、皮膚炎や肌荒れが起きやすくなります。

    毎日マスクの線維とこすれあうことで、その角質が少しずつ削られ、外部刺激から肌を守るバリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下した肌は細菌が繁殖しやすいのでニキビができやすくなったり、普通は刺激にならない物質が内部に入り込んで炎症が生じ、湿疹ができやすくなったりします。

    素材としては、不織布マスクは刺激になりやすい傾向があります。

    洗えるマスクの場合は、洗う洗剤や柔軟剤に注意が必要です。

  2. ②蒸れ(湿度)


    マスクの内側は吐く息で蒸れて高温多湿になり、ニキビを引き起こすアクネ菌などの細菌や雑菌が繁殖しやすくなっています。

  3. ③乾燥


    マスクを外したとき、マスクの中に溜まってした湿気が一気に蒸発することで、肌の水分まで同時に奪って逆に乾燥を引き起こします。肌が乾燥するとバリア機能が正常に働かなくなり、皮膚トラブルを招いてしまいます。

マスク皮膚炎・肌荒れの対策

  1. ①自分に合ったマスクを選ぶ


    かぶれない素材、肌当たりの優しい、通気性の良いマスクを選ぶ(飛沫を飛ばさない点では矛盾しますがその時の状況で判断)。綿ガーゼやシルクといった天然素材の柔らかい素材のマスクは肌への刺激が少ないと言われています。

  2. ②低刺激の洗剤・柔軟剤、すすぎ方法に注意する(洗えるマスク)


    洗濯したマスクの残留洗剤が刺激になることがあります。香料フリーの低刺激の洗剤・柔軟剤を選ぶことをおすすめします。また、すすぎの回数を2-3回に増やすことで残留洗剤を減らすことができます。

  3. ③低刺激な化粧品、メイクを使う


    マスクの刺激でバリア機能が低下すると、これまでは問題なかった化粧品やメイクでも皮膚炎や皮膚トラブルが生じる場合があります。刺激性の強い添加物や防腐剤に注意して商品を選ぶことをおすすめします。

  4. ④汗をこまめに拭き取る


    マスク着用中は、熱がこもって汗をかきやすくなります。汗が肌に付着したままにしておくと、皮膚炎やあせもなどの皮膚トラブルにつながるため、ガーゼやタオルでこまめに汗を拭き取りましょう。汗を拭き取る場合は、こすらないように軽く押してください。マスクが汗で湿った場合は、新しいものに交換することをおすすめします。

  5. ⑤丁寧にスキンケアを行う


    肌のバリア機能を守るためにも、丁寧な洗顔や十分な保湿が重要です。保湿は化粧水だけではなく、乳液やクリーム、オイルなども用いることで、肌に油分が補充されます。

クリニックの受診が必要になる場合

皮膚炎や皮膚トラブルをそのまま放っておくと、症状が悪化したり、痕が残ってしまったりする可能性があります。次のような場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。

ニキビや皮膚炎は早期治療で早くキレイに治すことができるので、症状がひどくなる前の受診をおすすめします。

シミにはどんな治療が良いですか?

2021年05月25日

Q. シミにはどんな治療が良いですか?

(仙台市 42歳女性)

A. シミのタイプによって治療が異なりますが、すべてのシミに有効なのは美白剤です。症状によってはレーザー治療もオススメです。

ワンポイント解説

シミといっても、その種類はさまざまです。一般的には、肌内部で過剰に生成されたメラニン色素の沈着によっておこるものをさします。
今回は、シミの原因と種類、それ対する治療について解説いたします。

シミ・そばかす・肝斑(かんぱん)の原因

紫外線


メラノサイトが刺激されて、シミの原因であるメラニンが増加。年齢を重ねると肌の新陳代謝が滞るため、メラニンが排出されずに留まりシミとしてあらわれる。

ストレス


仕事のイライラや複雑な人間関係による情緒の不安定など。精神的なストレスを受けると脳下垂体からメラニン細胞を刺激する物質が分泌されシミになる。

 

生活習慣


コーヒーなどに含まれるカフェインなど刺激の強い食品を過度に摂取したり、睡眠が不規則だったり。免疫力の低下がメラニン増加の可能性が。

 

ホルモンバランス


ストレスや体調不良によりホルモンバランスが崩れると、黄体ホルモンがメラノサイトを刺激。肝斑(かんぱん)の原因に。

 

シミ・そばかす・肝斑(かんぱん)の種類

老人性色素斑


シミの境目がはっきりしていて、色も均一で濃いのが特徴。紫外線を浴び続けることによって生じる老化現象が原因であらわれる。若い頃に日焼けした人ほどできやすく、早い人では10代から。

炎症後の色素沈着


年齢に関係なく、化粧かぶれ、ヤケド、ニキビなど皮膚の炎症が原因に。紫外線を浴びることで悪化して濃くなることもある。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)


通称「そばかす」。小さな斑点が鼻を中心に分布。多くは遺伝性で、紫外線を浴びて日焼けで悪化する。20代後半から薄くなることも多い。

 

肝斑(かんぱん)


頬や鼻の下、額に左右対称にできる少しぼやけたシミ。30~40代の女性に多くあらわれ、紫外線だけでなくホルモンバランスの崩れが関係するといわれる。


シミ・そばかす・肝斑(かんぱん)の種類

老人性色素斑


美白剤マッサージピールQスイッチルビーレーザー、ロングパルスアレキサンドライトレーザー(レーザーフェイシャル)が有効です。
ダウンタイムを少なくしたい方は、美白剤マッサージピールがオススメです。
短期間で治したい方は、Qスイッチルビーレーザーがオススメです。

炎症後の色素沈着


基本的には、美白剤のみの治療になります。
レーザー治療は炎症後色素沈着を悪化させる可能性があるため、オススメできません。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)


Qスイッチルビーレーザーが最も有効です。
数が多い方は定額プランがオススメです。

肝斑(かんぱん)



当院では美白剤のみをオススメしております。
レーザー治療やマッサージピールは炎症を起こし肝斑を悪化させる可能性があります。
シミと肝斑が合併している方も、原則美白剤による治療をご提案しております。
シミを優先的に取りたい方は美白剤を使用しながらレーザー治療を行う場合もありますが、アフターケアがとても重要なことと、シミは取れるますが、その後肝斑が悪化する可能性をご考慮いただいた上で施術を行わせていただいております。

美白剤の治療

当院では、トレチノイン・ハイドロキノン高濃度ビタミンCのトリプル療法を推奨しております。
この治療法は、シミだけではなく、小じわ・毛穴・キメ・ハリなど、肌の老化症状すべてに働きかける、総合的な肌の若返り治療です。
丁寧なスキンケアと合わせることで、肌全体の質感・色むらが改善していき、違いが目に見えていきます。
医薬品のため、医師が診察の上、院内処方いたします。
もちろん、「とにかくこのシミにレーザー当てたい」というご希望にも応じますので、お気軽にご相談ください。

文章 医師 大橋威信

ご予約はこちらから☆
⬇⬇⬇
予約URL

初回登録で割引クーポンプレゼント♪
⬇⬇⬇
LINE URL

エステ脱毛と医療脱毛の違いは?

2021年04月28日

Q. レーザー脱毛を検討しています。エステ脱毛と医療脱毛の違いを教えてください。

(名取市 38歳女性)

A.医療脱毛は、医師管理のもと行われるレーザー脱毛で、エステ脱毛より早く、少ない回数・期間で効果が出ます。

ワンポイント解説

脱毛を検討されている方のため、エステ脱毛と医療脱毛の違いをわかりやすく比較し解説します。
正しい知識を身につけて、ご自身の理想に合った方法を選択しましょう。

エステ脱毛と医療脱毛の比較

医療脱毛 エステ脱毛
脱毛機 医療レーザー脱毛機 光・フラッシュ脱毛機など
施術方法 効果が高く、永久脱毛が可能 効果は低く、制毛・減毛
脱毛効果 5回程度の照射、最短半年程度で完了 20回以上照射、2~3年以上の期間
回数や期間 回数が少なく済む分、
トータルとして安く済む
回数が多くなる分、
トータルとして高くつく
安全性 医療資格者(看護師)が施術するので、
安心・安全
無資格者が施術するので、
皮膚トラブルのリスクも

医療レーザー脱毛はエステ脱毛より早く、少ない回数・期間で効果が出ます


エステでの脱毛は何度も通って回数を重ねることで、毛を減毛・制毛しますが、永久脱毛ではないので、時間が経つと再び毛が生えてきてしまいます。一方、医療脱毛は少ない回数・期間で脱毛することが可能です。施術後にまた、ムダ毛処理に悩まされたくない方は、医療脱毛による永久脱毛が効果的でおすすめです。(※効果には個人差があります)

 

医療レーザー脱毛は医師のもとで行われるので安心


医師や看護師がおこなう医療レーザー脱毛の場合、施術によって万が一肌トラブルが起こってしまった場合にも、医療機関としての適切な対応をすることができます。脱毛エステでは、医療資格の無いエステティシャンが脱毛機での照射を行います。軽いやけどや肌トラブルが起きた時に、医療機関ではないので医療的な対応ができません。

 

費用について


1回にかかる料金だけで考えると、エステは安く脱毛できるというメリットがあります。初回の脱毛料金が数百円だったり、回数無制限のプランがある脱毛エステも多くあります。回数無制限のプランに関しては、それだけ毛が減るまでに通う回数が多く必要となります。エステサロン脱毛で、一度脱毛が完了したと思っても、脱毛はできず「減毛・制毛」なので、再びムダ毛が生えてきます。その結果、脱毛するために何回も脱毛サロンに通うことになるので、時間もお金もその度にかかってきます。医療レーザー脱毛は、一度「脱毛完了」してしまえば、その後のお手入れの必要も基本的にはありません。

 

ご自分の希望に合う方法を選択しましょう
インターネットでは、利益目的先行のランキングサイト等から集客している場合も多く、実際とは違った情報が溢れている場合もあるので、正しい情報を知る必要があるかと思います。施術の効果や期間、施術の痛み、費用についてなど、脱毛を検討されている中でも様々なご希望があるかと思います。納得のいく結果が得られるように、ご自分の希望に合った脱毛方法をよく検討され、選択されることをおすすめいたします。ご不明な点等はお気軽にお問い合わせをいただき、不安を解消してください。

文章 医師 大橋威信

当院取扱いの化粧品

2018年01月15日

0003

http://www.nagamachi-hihuka.com/skincare
こちらからホームページの化粧品・スキンケア商品のページへ移動できます。

当院には、敏感肌の方や乾燥肌の方、シミやしわでお困りの方、かぶれでお困りの方など様々な症状で来院されます。

そんな悩みを少しでも解決できるよう優れた化粧品・スキンケア商品を厳選して取り揃えております。

敏感肌・乾燥肌の方は、使用する石けん、保湿剤、洗濯洗剤に注意が必要です。
樹・石けんは無添加が一切入っていない石けんで、刺激性がなく、皮脂が守られるため、肌を乾燥から守ります。
保湿剤は保険でも処方できますが、処方薬が合わない方のために、パックスベビーシリーズのボディークリームをご用意しております。余計な添加物が入っておらず、保湿力も高いです。

アトピー性皮膚炎の方は、なかなか合う化粧品がなくて悩んでいる方が多く見受けられます。
ジャックパルツの化粧水、保湿美容オイル、サンケア乳液は、
精油の働きで自己免疫を高め、皮膚を良い方向へ導いてくれます。
もちろん通常の肌質の方が使ってもその効果は実感していただけると思います。
東北では当院が取扱い2店舗目となります。

シミやしわでお困りの方は、本格的な治療となると、自費治療(レーザーや院内製剤)となりますが、
普段の化粧品でも改善を図りたい方もいらっしゃると思います。
ナビジョンDRは美白成分が多く含まれており、使用を重ねることで、皮膚の透明感が増していきます。セルニューは保湿成分が多く含まれており、肌のキメやハリを整えます。

頭皮や顔のかゆみでお困りの方は、毛染めやシャンプーなどによるかぶれの可能性があるかもしれません。かゆみ止めの塗り薬や飲み薬で一旦は良くなるけど、止めると悪くなる場合は、原因の除去が必要です。そのような方には、毛染めやシャンプーなどの変更をおすすめしています。
毛染め剤ではパラフェニレンジアミン、タール色素、香料、
シャンプー、コンディショナーでは、香料、防腐剤などが、
かぶれの原因になることが多いとわかっています。
当院では、これらが入っていない毛染め剤、シャンプー、コンディショナーをご用意しております。

どの商品も、私のこれまでの皮膚科診療を通じて出会った患者様の悩みや訴えから、
たどり着いた商品です。
(勤務医のときは、なかなか立場上、ご自身で探してくださいとして言えませんでした)

皆様の肌トラブルのお悩み解消の一助となれば幸いです。