FAGA (女性型脱毛症)・女性の薄毛

FAGA(女性型脱毛症)とは?

FAGA

FAGA(女性型脱毛症)とは?

FAGA(女性型脱毛症)とは、女性の薄毛の総称を指す言葉です。
研究当初は男性のAGA(男性型脱毛症)と同じものだと考えられていました。
そのためAGAに英語で女性を意味する「Female」の頭文字をつけた、FAGAと呼ばれてきました。
しかし、研究が進むにつれてAGAとは症状や原因が異なることがわかってきたため、
現在では「FPHL(Female Pattern Hair Loss)」とも呼ばれています。

FAGAの症状

AGA(男性型脱毛)は主に前頭部や頭頂部といった、頭部の一部分が薄くなる特徴的な症状が起こります。
一方でFAGAの場合はAGAのように局所的な脱毛が起こるわけではなく、頭部全体が薄くなっていくなど特徴的な症状になります。
このような症状は主に40〜50代頃の壮年期に起こることが多いとされていますが、20代頃~30代にも起こる場合があります。
症状の現れ方は個人差もありますが特に分け目がクリスマスツリーの枝のように広がる「frontal accentuation」という症状が有名です。

FAGAと薄毛の原因

FAGAはAGAと同じく、ホルモンが関係しているといわれています。
卵巣から分泌される女性ホルモンの一種「エストロゲン」には毛髪を育てる働きがあるといわれており、
加齢にともないそのエストロゲンが減少し男性ホルモンの影響が強く働き脱毛しやすくなるとされています。

他にも女性ホルモンが減少する原因として、過度のダイエットによる栄養不足、膠原病のように全身疾患によるもの、ホルモンバランスの乱れ、生活習慣の乱れやストレスによるもの、経口避妊薬(ピル)といった薬剤性のものなどがあります。
女性の場合は薄毛の原因となる要素が多くあり、判断が難しいものになります。
AGAは抜け毛の症状が特徴的なため比較的診断は簡単ですが、広範囲にわたって症状が現れるため、視診のみでは特定できません。

FAGAは治療をせずとも自然に治るものもあります。原因を誤り、自己の判断で間違った対処をされてしまうとかえって症状が悪化する場合がございますので薄毛でお困りの場合はご自身のみで判断せず、必ず医療機関にご相談ください。

  • 過度なダイエットによる栄養不足

髪の毛の元になる細胞は主に食事から摂取した栄養素などによって成長し、維持されています。
不摂生な生活や過度なダイエットなどにより栄養バランスの悪い食生活を送っていると髪の毛の成長や
健康な頭皮環境の維持に必要な栄養素が不足し、正常な育毛が妨げられて薄毛や抜け毛に繋がる可能性があります。

  • 妊娠・出産後

出産後に抜け毛が多く抜ける原因は髪の毛の発育にも働くことでも知られている女性ホルモン(エストロゲン)が関係しています。
妊娠によって急激にエストロゲンが増え、一時的に毛髪が抜けにくく増えている状態になりますが、
出産後にエストロゲンが極端に減少し通常のホルモンバランスに戻る際、分娩後脱毛症という、抜け毛が多くなる症状が出る場合がございます。
毛髪の抜け替わりのサイクルが通常に戻る際に今までよりも髪が多く抜ける状態なので病気ではございません。
通常1年くらいで収まりますが、1年以上抜け毛が多い場合は医療機関にご相談ください。

  • 加齢・閉経によるホルモンバランスの減少

加齢や閉経により(女性ホルモン)エストロゲンの分泌が減少すると抜け毛が多くなる場合もあります。
エストロゲンは加齢、閉経によって極端に減少するという特徴があり、毛髪の発毛・育毛にプラスに働いていたエストロゲンが減少するため、その減少によってホルモンバランスが乱れエストロゲンの働きが低下するため、薄毛に繋がることが考えられます。
自然の流れですが更年期に起こる変化が重なる場合が多いです。

  • 生活習慣の乱れ
・食事

髪の成長に必要な栄養が頭皮に届かないと、髪は弱く抜けやすくなってしまいます。偏った食生活により、髪の毛に栄養が足りなくなるのはもちろんですが、運動不足も栄養を運ぶ血液の循環を悪くさせるので注意が必要です。

・喫煙

その他にも、喫煙をすると血管が収縮され血行が悪くなり、髪の毛の発育を抑制するホルモンが増加してしまいます。

・飲酒

飲酒についてもアルコールの摂取が多いと、発毛に必要な成分もアルコール分解に使うため、発毛に必要な栄養素が不足してしまいます。

・睡眠

髪の成長に必要なホルモンは睡眠中に分泌されるため、寝不足などの生活も抜け毛や薄毛の原因となります。

  • 過度なストレス

ストレスが薄毛につながることは、今や広く知られています。

ストレスは自律神経を乱れさせ、円形脱毛症になる場合があります。
精神的ストレスを受けると、それに抵抗するために交感神経が活発に動きます。
交感神経は、心肺を早く動かしたり体温を上げるなどの働きがあり、身体がストレスと闘う準備をしてくれます。
このとき、ストレスが強すぎたり長く続いたりすると交感神経に異常をきたします。
その結果、血管を収縮させ、頭部への血流が悪くなり、血行不良を起こします。

髪はケラチンというタンパク質の一種によって大部分が構成されています。
ケラチンの生成に欠かせないアミノ酸やミネラル、ビタミンなどは血液によって頭皮まで運ばれていますので頭皮の血行不良が起これば、必然的に発毛や髪の成長が鈍化します。その結果、毛根への栄養補給が行き届かなくなり、脱毛が引き起こされると考えられます。

  • 全身疾患

脱毛症状は病気の合併症として起こる可能性もあります。鉄欠乏性貧血や膠原病、甲状腺機能低下症など、女性に起こりやすいとされる疾患などでも抜け毛や薄毛の症状が現れることがあるため、大量の抜け毛が突然起こった場合は注意が必要です。 そのほかにも冷え性などによる血行障害でも脱毛や育毛不良に影響を及ぼす場合もございます。

  • 薬剤

経口避妊薬(ピル)の服用を中止した際などに薬剤の影響により、抜け毛が増える場合があります。

  • 洗顔の仕方と間違ったヘアケア

頭皮の環境が悪いと抜け毛の原因になります。
頭皮の皮脂をきちんと取ることで発毛環境を整えることも大切です。
まず、頭皮環境が悪くなる原因としては過度な洗髪は脂分を取り過ぎるので、洗いすぎには注意が必要です。
基本的に洗髪は1日1回程度で大丈夫です。すすぎを十分に行い、頭皮を強くこすることなく、優しく頭皮を揉むように洗うのがおススメです。
間違ったヘアケアにより頭皮が傷つくと、健康的な髪の毛が育たなくなってしまいます。強い力で頭をこすったり、1日に何度もシャンプーするのは避けましょう。また、自然乾燥やドライヤーの当てすぎも頭皮の乾燥を招きます。
それ以外にも肌質と合わないヘアケア用品を使い続けることも、知らずのうちに頭皮環境を悪化させる原因になるので注意が必要です。

へアサイクルメカニズム

髪の毛には1本1本寿命があり、生長→停止→脱毛を繰り返しており、これをヘアサイクル(毛周期)と言います。
この『生長→停止→脱毛』に応じて『成長期・退行期・休止期』の3つに分けることができます。

ヘアサイクル(毛周期) 通常のサイクル・FAGAのサイクル

当院のFAGA治療について

現状維持・予防したい方

お薬の服用と育毛剤がおススメ!

厚生労働省の承認薬を服用してAGAの進行を止めます。

パントガール内服

女性の薄毛治療と特にびまん性の脱毛の治療薬として、世界で初めて認可を受けた治療薬です。3カ月の服用で70%の方に抜け毛の減少、20%の方は抜け毛が全くない状態にまで回復が見込めます。
髪の成長に必要な「ケラチン」「パントテン酸カルシウム」「シスチン」「ビタミンB群」といった成分が配合されています。健康な髪をつくって毛根を活性化させる働きがあり、副作用の報告もなく、安全性の高い薬のため、継続的・長期的にご使用いただけます。

パントガール内服

料金についてはこちら>>

サプリメント内服(ヴィヴィスカルプロフェッショナル)

おそらく世界で最も科学的に臨床試験で効果が立証されている育毛サプリメントの1つで、アメリカで25年の実績のある、No.1の育毛サプリメントです。女性専用のパントガールと違いこちらは男女ともに使用可能です。もちろん男女ともに臨床試験で効果が実証されています。開発会社独自の特許成分である、魚類、軟体類由来の海洋性タンパク複合体であるAmino mar Cを主成分とし、ビタミンやアミノ酸が豊富に含まれています。薬物成分が一切含まれていないため、副作用の報告はほとんどありません。

サプリメント内服(ヴィヴィスカルプロフェッショナル)

料金についてはこちら>>

ミノキシジル外用(リポゲイン)

FDA認可の発毛を促進する成分「ミノキシジル」が3%配合の育毛剤です(一般的な女性用育毛剤の濃度は1%程度)。さらに、ミノキシジルの吸収を高める「レチノール」配合、DHTを抑制する「アゼライン酸」が5%配合されています。プロピレングリコールが不使用のため、刺激感が少なくなっています。

ミノキシジル外用(リポゲイン)

その他の治療として、サプリメント内服(ヴィヴィスカルプロフェッショナル)が有効です。
※AGA治療を参照

料金についてはこちら>>

髪の毛を増やしたい方

HARG療法がおススメ!

人間の組織の中心的役割を担う「幹細胞」から抽出された
150種類以上の「成長因子」を直接頭皮に注入するので高い発毛率を実現!

AAPE® Powder v2.0

HARG療法のページはこちらから>>

よくある質問

QURESTION

Q.女性の薄毛治療とは、どのような治療を行なうのですか? 

A.女性には女性の薄毛の原因があります。そのため、薄毛治療専門クリニックの医師が患者様一人ひとりを診察します。
まずは診察(問診・視診・触診)を行ないます。
次に、薬を投与しても問題ないかを調べるために血圧測定と血液検査を実施します。
検査の結果、治療の投薬等に問題がなければ、患者様の症状に合わせた内服薬と外用薬を処方します。
その後の診察は、基本的には1ヶ月に1回通院していただき、頭皮の状態や、発毛効果、
身体の状況などを確認しながら治療をしていきます。女性の薄毛の悩みは、メンタル面でのサポートも大切です。
自分では気がつかないことが、薄毛の原因になっている場合もあります。医師と悩みを共有し、相談しながら薄毛治療を進めて行きます。

Q.どれくらいの期間治療すれば発毛しますか?

A.治療期間は、治療される患者様の頭髪の状態や、治療内容、患者様のご希望によっても異なりますが、治療による発毛の兆候は、「治療開始後、おおむね3~6ヵ月」で見られる方が多いです。しかし、治療による発毛の効果を医学的に判断することは非常に難しく、また、どれくらいの改善を治ったと考えるかは、医師ではなく、患者様ご本人なのです。そのため、発毛の治療において、治療によって目標とする改善のイメージを患者様と設定し、患者様ご本人が抜け毛・薄毛を気にしなくなった時点をいったんゴールと考えます。

Q.シャンプーや育毛剤では、増えないのですか?

A.有効成分が含まれていれば、増える可能性があります。
ただし、病院ならもっと効果の高い薬品を高濃度で提供することが出来ます。
また、結果的に シャンプーや育毛剤を買い続けるより、お財布にも優しい病院での
AGA治療をお勧めします。

Q.他の薬を飲んでいるが、薄毛の治療薬を飲んでも大丈夫ですか?

A.現在飲まれている他の薬が何かにもよりますが、現在まで、薄毛の治療薬を単体で服用したときの副作用の報告はございません。また、他の薬と併用されている方も多くいらっしゃいますが、飲み合わせが問題になったケースも報告されておりません。ただし、相互副作用がわからない薬がほとんどであることも事実です。また、一般的には複数の内服薬を同時に摂取すると危険性は高まります。薬は正しく服用すれば高い効果を得られますが、正しく服用しなければ、人体に害を及ぼすこともあります。したがって、当院の薄毛の治療薬だけでとどめていただくのがベストですが、ご病気などでどうしても飲まなければいけない薬がある場合は、必ず医師または薬剤師にご相談くださるよう、お願いいたします。

Q.薄毛(AGA)治療薬は、水で飲まないとダメですか?

A.薄毛の治療薬は、できるだけ水で服用してください。
カフェインの含まれているコーヒー・紅茶で服用すると頭痛などの副作用を起こすことがあります。
またお茶や牛乳、ジュースは薬の吸収率を低下させる働きがあり、アルコールは強い眠気や
悪酔いを引き起こすこともあります。錠剤は、正しく服用することで初めて
高い発毛効果が現れる発毛薬であることをご理解ください。なお、コーヒーやお茶、
お酒などを飲む場合は、錠剤の服用後、30分ほど時間を空けてからにしてください。

Q.副作用はありますか?

A.低い確率で副作用やアレルギーが出る場合がございます。
副作用が出た場合は医師の判断により薬剤の継続の可否の判断や減量、代替治療の提案等をさせていただきます。
副作用はしっかりと管理、観察致しますのでご安心ください。

Q.発毛・育毛サロンとの違い

A.発毛・育毛サロンなどの非医療機関では薄毛治療で満足いただける結果を出すことは難しいとされています。
何故かといいますと発毛サロンやエステはクレンジング、育毛剤、生活習慣の改善などをベースとしています。薬の処方や注射針による薬剤注入は医療行為なので、原則として医療従事者(医師や看護師)でなければ出来ません。つまり、治療に有効な内服薬やミノキシジルの処方、ならびにそれらの有効成分を直接頭皮に注入することは、医師が常駐する病院以外には禁止されているのです。

Q.ミノキシジルって何ですか?

A.ミノキシジルは、アップジョン社(現・ファイザー社)によって開発された血管拡張剤の一種です。もともとは高血圧の治療に用いられていましたが、投与した患者の多くに「多毛症」の副作用が現れたため、薄毛治療に応用されるようになったという経緯があります。脱毛症の治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬品局)に認可されたことから注目が集まり、世界各地でミノキシジル育毛剤が開発されるようになりました。ミノキシジルは、今もなお効果の高い育毛剤として人気を誇り、AGA・薄毛改善の有効な手段として世界中で愛用されています。

Q.未成年でも治療は受けれますか?

A.薬剤の副作用から、未成年の方への内服薬・外用薬・注入治療のご提供は控えさせて頂いています。 しかし、シャンプーなどのライトなものはご提供可能ですので、
治療をご希望の場合は「未成年者同意書」に必要事項をご記入いただいたものをお持ちください。
まずはご相談からでもお気軽にご来院ください。

Q.初回カウンセリングにかかる時間はどのくらいですか

A.初回来院時には、問診票の記入、医師の診察、マイクロスコープでの頭皮診断、 FAGA治療の説明、お薬の服用方法や副作用の説明、支払い方法のご案内、次回の予約などをおこないますので1時間程度となります。 当日治療開始される方はさらに30分~1時間ほどかかる場合もございますので、当日は余裕を持ってお越しください。

Q.保険適用ですか

A.薄毛の治療は健康保険は適用されません。自費診療(自由診療)となります。

Q.女性と男性では、薄毛や抜け毛の原因は違うのですか? 

A.女性と男性では、抜け毛や薄毛の原因が異なります。男性の薄毛や抜け毛の多くは「AGA(男性型脱毛症)」です。これは、ヘアサイクルの早い時期に髪の成長が止まる事で細く短い毛が増え、太く長い髪が減り、薄くなったと感じる症状です。AGAは額の生え際や頭頂部から薄くなるのが特徴で、成長期の髪が減り、毛根が徐々に縮小し、最終的には発毛しなくなります。
女性の薄毛や抜け毛の多くは「びまん性脱毛症」といって、毛の長さや量は変わらないものの、髪の1本1本が細くなり、ハリやコシ、ボリュームがなくなることで髪全体が薄くなり地肌が透けて見えるようになります。

Q.女性に多い薄毛の原因はなんですか?

A.女性に多い薄毛の原因は、血流不全やホルモンバランスの乱れなどが原因になっていることが多いといわれます。
例えば、出産後及び更年期障害等によるホルモンバランスの変化や血流の低下、 ヘアケア商品(シャンプー・トリートメント・ヘアダイ・パーマ)による頭皮のトラブルなどです。

Q.薬の服用をやめるとどうなりますか?

A.急に薬をやめると身体に負担がかかりますので、徐々に飲む薬の量を減らすのが良いとされています。 ただ、薬を何らかの理由で一旦やめたい場合は、一度医師にご相談ください。

Q.子供をつくる予定がありますが、治療は可能ですか?

A.当クリニックでは原則として挙児希望の方にお薬の処方はしておりませんが、ご相談に応じて生活習慣やヘアケアのアドバイス、サプリメントの提案等をさせていただいております。

Q.かつら・ウィッグを着用しても大丈夫ですか? 

A.大丈夫です。カツラ・ウィッグを着用して通院される患者様もおられます。しかし、カツラは通気性が良くありません。治療開始後は着用時間を減らすことをお勧めしています。
また、発毛しやすい環境を整える為に、ある程度の発毛後はカツラ・ウィッグを外していただくようお勧めしております。