やけど(熱傷)

やけど(熱傷)

やけど(熱傷)について

第I度熱傷 表皮までの障害。赤み、浮腫が主体で、数日で消退し、痕は残らない。
第II度熱傷 真皮までの障害。びらん、水疱が形成され、痕が残る可能性が高い。
第III度熱傷 皮下までの障害。皮膚が白色壊死した状態で、デブリードマン、植皮が必要なことがある。
低温熱傷 比較的低い温度でも持続的に加熱されること起こるやけど。見た目よりやけどの深さが深くことが多く、注意が必要。

応急処置

  • すぐに冷やす(やけどした部位を冷却する)ことが最も大切です。 水道水などで15-30分間冷却するのが良いです。 指先や脚のやけどのような場合は1時間くらい冷却することが症状を軽くします。 冷やすことでやけどの進行を止め、痛みも押さえることができます。
  • 患部を冷やしながら出来るだけ早く皮膚科医の診察を受けることが早くやけどを治して傷痕を最低限にすることにつながります。 自分の判断で油薬などをつけてしまうとその後の治療に差し障りがでてしまうこともあるので、やけどをした部位には医師の診察治療を受けるまで自分の判断で軟膏や油など一切つけないようにして下さい。

当院での治療・取り組み

  • 受傷直後はクーリング、初日は炎症を抑えるためにステロイド外用を併用します。
  • その後は湿潤環境を維持するためシンプルに閉鎖療法、もしくは創傷治癒を促します。
  • 創部の状態に応じて、創傷治癒を促進させるフィブラストスプレーや軟膏、抗菌薬などを併用します。

傷痕・瘢痕の対応

  • 当院では、肥厚性瘢痕に対して、シリコンジェル(ケロコート)を用いた治療を行っております(自費診療)。
  • 炎症後色素沈着の予防・治療に対しては、希望に応じて、ハイドロキノンやルミキシルなどを処方することも可能です(自費診療)。