帯状疱疹

帯状疱疹

帯状疱疹とは

身体の左右どちらか一方に、ピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点と小さな水ぶくれが帯状にあらわれる病気です。
痛みや発疹の範囲は皮膚の感覚神経の支配領域に一致した部位にみられます。

原因

  1. ① はじめて水痘・帯状疱疹ウイルスに感染したときは、水ぼうそうとして発症します。
  2. ② 水ぼうそうが治ったあとも、ウイルスは体内の神経節に潜んでいます。
  3. ③ 加齢やストレス、過労などが引き金となってウイルスに対する免疫力が低下すると、潜んでいたウイルスが再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到達し、帯状疱疹として発症します。

合併症・後遺症

  • 発熱、頭痛がみられることがあります。
  • 顔面の帯状疱疹の場合、角膜炎や結膜炎を起こすことがあります。まれに耳鳴り、難聴、顔面神経麻痺などを生じる場合があります(ハント症候群)。
  • 神経痛には、急性期痛と帯状疱疹後神経痛があります。

急性期痛は1ヶ月以内には治まります。帯状疱疹後神経痛の程度は、人によって様々で、軽度ですぐに治る方から、数年持続する方までいます。

治療

  • 治療は、抗ヘルペス薬内服を行います。

    ※抗ヘルペス薬の飲み薬は、効果があらわれるまでに2日程度かかります。
    服用してすぐに効果があらわれないからといって、服用量を増やしたり、途中でやめたりしないで、指示通りに服用してください。

  • 神経痛に対しては、鎮静薬やリリカ、タリージェ、漢方薬などで痛みのコントロールを行います。
  • 痛みが非常に強い場合は、ペインクリニックを紹介し、早期から治療介入をしてもらうことで後遺症の遷延化を防ぐことができます。

発症予防・ワクチンについて

  • 当院では、50歳以上の方に、帯状疱疹予防目的で、水痘・帯状疱疹ワクチンの接種ができます(自費診療です。料金はこちらから)。
  • 国内での水痘・帯状疱疹ワクチンの予防効果についての明確なデータはありませんが、海外のデータから、約10年程度といわれています。
    このことから、現時点では、10年おきに追加接種をするのが望ましいと考えます。