かぶれ(接触皮膚炎)

かぶれ(接触皮膚炎)

かぶれ(接触皮膚炎)とは

  • ・外的な影響で起こる皮膚炎で、刺激による一次刺激性とアレルギー性があります。

  • ・一次刺激性接触皮膚炎:アレルギーは関係なく、誰でも起こりえます。洗剤や石けん、オイルなど刺激の強い物質で起こります。

  • ・アレルギー性接触皮膚炎:ある物質を「異物」と体が認識して(感作)、それを排除するために、過剰に反応した結果、皮膚炎が生じます。一度感作が成立すると、接触により何度も皮膚炎を繰り返します。そのため、原因の検索が非常に重要です。

診断・検査

臨床だけでわかる典型例もありますが、疑わしい場合はパッチテストを推奨しております。

当院では通常のパッチテスト、金属パッチテストも施行できます。

パッチテスト

疑わしい物質を皮膚に貼付し、48時間後、72時間後、1週間後に皮膚の反応を見る検査です。48時間判定(2日後)までは入浴は避けていただきます。

治療

  • ・原因の検索、除去が重要です。かぶれの原因となるものがわかれば、それだけで改善することもあります。

  • ・早めに炎症を引かせたい場合はステロイド外用剤を湿疹の部分に塗布します。

  • ・痒みに対しては、抗アレルギー薬内服を行います。