ホクロ

ホクロ(色素性母斑・母斑細胞母斑)

ホクロ(色素性母斑・母斑細胞母斑)について

ホクロは、色素細胞(メラノサイト)というメラニン色素をつくる細胞が変化した母斑細胞からできる良性の皮膚腫瘍です。

診断・鑑別診断

悪性黒色腫(メラノーマ)との鑑別が重要であり、ダーモスコピー検査が有用です。

ホクロ メラノーマ

当院のホクロ治療の特徴・取り組み

  • ダーモスコピー所見から良性と考えられるものは基本的には経過観察でよいです。
  • 長径6mmを越える掌蹠病変や、比較的大きなものでは、悪性化のリスクや整容的側面から病理組織検査を含めた手術をおすすめします。
  • 悪性黒色腫が疑われた場合は、すみやかに大学病院へ紹介させていただきます。
  • 良性のホクロの除去をご希望の場合、手術(保険診療)か炭酸ガスレーザー治療(自費診療)をお選びいただけます。